ウレシカッタコト、タノシカッタコト、、、、エトセトラ。


by sakurala8313
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

楽しかった入院生活♪♪

5泊6日のクリニックでの入院生活、すごく楽しかったんですヽ(´▽`)/


こんなに楽しく過ごせるなんて予想外でした♪♪



お産の前日、つまり陣痛が始まった日。


朝食後すぐに陣痛室へ通されました。

産婦人科は一般的に陣痛室・分娩室・手術室の3つがあり、すべてが繋がっていて一枚板で仕切られている状態です。なので子宮口が全開になったらすぐに分娩室へ移動が出来ます。これはすごく便利ではあるのですが・・・一枚板なのでとなりの声が筒抜け状態。


私が陣痛室へ通された時、分娩室も手術室もママさんが入っていました。
そしてちょうど分娩室で一人の赤ちゃんが誕生しようとしていました。

”ママも赤ちゃんもがんばれ~(´▽`)”


私・母・カレと三人で応援をしていたのですが、泣き叫んでいるママ°°・(;>_<;)・°
応援している私は同時に恐怖心が芽生えてきて・・・〈泣)


その後無事出産。分娩室は「おめでとうございま~す」という声が。しかしママは


「もう産まない!!」


ひえぇぇぇ(*0*)!!そんなに痛いのかぁ?!
さらに出産への恐怖が増し、青白くなる私。


その数時間後、手術室にいたママさんも無事出産。
しかしと~っても静かで、本当に出産されたの??って疑うほど。



「いよいよアタシの番か~(+_+) なんか怖くなっちゃったよぉぉ(T_T)]


なんて弱音を吐きながらも何とか頑張り私も無事出産を終えました。


出産後、2階にある病棟のベッドが満床との事で1階にある仮部屋へ通される事に。
相部屋で、手術室で分娩されたママさんが一緒とのこと。
時間は明け方になっていたのでそ~っと入室し、明かりをつけることもできずそのまま就寝。


朝7時半。朝食が運ばれ、カーテンで仕切られていたため黙々と一人で朝食をとる私とママさん。人見知りをする私はなかなか話しかけられなくて^^;  するとママさんの方から声をかけてくれ、お互い「おめでとうございます」と挨拶。彼女のなまえはめぐちゃん。話を聞くと、なんと40時間も陣痛に耐えたとのこと(*0*) 19時間のアタシとレベルが違うし!!!40時間の陣痛はこのクリニック史上2番目に長い記録なのだとか(笑) 彼女とはすっかり意気投合し。その日のお昼にようやくベッドが空き、二人でお引越し。なんとお部屋がお隣同士♪♪二人で喜びました(^-^)


翌日、この日から食事は病棟の中央にあるラウンジでみんなと摂ることに。(この病院はママさん同士が仲良くなれるようラウンジでとることになっているんです)
ちょうどめぐちゃんと席が隣だったので話をしながら食事をしていると、めぐちゃんがとあるママさんに話しかける。ん??よ~く見ると・・・そのママさんはクリニックで開催された母親学級で仲良くなったママさんでは!!彼女もアタシに気づいたようで


「きゃ~!!久しぶりぃぃ(≧▽≦)」


抱き合う私たち(笑)
話を聞くと、なんと分娩室で「もう産まない!!」といった当事者(爆)
彼女の名前はあきちゃん。


3人はまたまた意気投合しちゃって、入院中ずっとお互いの病棟に入っておしゃべりしたり不安や悩みを共有したりしました。


めぐちゃん・あきちゃんが退院の日(二人は10日に産まれたのでアタシより1日早く退院)
お互いに携帯の番号・アドレスを交換。二人は偶然にもご近所さん。また、以前アタシが住んでいた社宅と近所であることも判明!!「それならいつでも会えるね~♡」なんていいながら二人とお別れ。退院した今もほぼ毎日のようにメールで情報交換。育児の事で不安や悩みが発生したら3人で解決しています。


まさか産婦人科でこんなステキな出会いがあるなんて期待もしていませんでしたし、予想もしていませんでした。それに退院した今でもずっと仲良し。
こんな縁に出会えて嬉しかったです(^-^) 私たちはもちろん、子供たちもずっと仲良しでいてほしいな~って思います。

ちなみにめぐちゃん・あきちゃんは共に男の子ママ。
つまりうちの娘は両手に花!状態(笑)

早速娘にお友達ができてホント、うれしいです♪♪


これからの育児もますます楽しみになってきました~ヽ(´▽`)/
[PR]
by sakurala8313 | 2007-12-06 16:21 | ☆★出産★☆